読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoshi_komyのブログ

気になったことを書き連ねていきます

「神々の山嶺」はグルメ漫画

本筋は登山界の謎とそれにまつわる人間のドラマなんだが

原作:夢枕獏、作画:谷口ジローの漫画作品「神々の山嶺」、ちゃんとした登山漫画なんだけども食事シーンがやたらと印象的で、完全にグルメ漫画としか思えないとして評判です。

こういう画像を見てぜひ読みたくなり、その場でiPhoneからKindle版の単行本を全巻購入、ついでに原作小説もKindle版を購入してしまいました。この場面は作品後半に羽生丈二(と深町誠)がエベレスト登山にあたりキャンプで食事するシーンなんですが、やたらとおいしそうなんですよね。谷口ジローの漫画にあたり独自に入れられたシーンなのかと思ったのですが、実は原作小説の中でも同じように食事するシーンがあり、ちゃんと「水分は摂りすぎるということは」という言葉も出てくるのです。

一応作品概要をまとめると…

日本人カメラマン・深町が、エベレスト遠征の際にカトマンドゥの店舗で偶然見つけた年代物のカメラ。それはイギリス人登山家ジョージ・マロリーが1924年のエベレスト遠征時に持参していたカメラだった。「マロリーはエベレストに登頂成功したのか?」という登山会の謎を明かす可能性のあるカメラを軸に、孤高のクライマー羽生丈二の経歴と、羽生によるエベレスト南西壁の冬季無酸素単独登頂を描く作品。

1994年~1997年に夢枕獏の小説作品として「小説すばる」で連載。
2000年~2003年には谷口ジロー作画で「ビジネスジャンプ」において漫画作品として連載される。単行本全5巻。
このブログはこの漫画版をネタに書いています。

漫画版は基本的に原作小説を忠実になぞっていきますが、登場人物の細かい心理描写が省かれたり、最終話の結末が漫画オリジナルとなっているなど、細かい差分はあったりします。ただ矛盾が生じたり違和感をおぼえたりといったことはないので、どちらもオススメです。もちろん漫画版のほうが読みやすいというのはあると思いますが。

神々の山嶺(上) (集英社文庫)

神々の山嶺(上) (集英社文庫)

神々の山嶺(下) (集英社文庫)

神々の山嶺(下) (集英社文庫)