読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoshi_komyのブログ

気になったことを書き連ねていきます

Roland A-300PROとiPad/iPhoneを接続して音を出す方法

打ち込み用のMIDIキーボードとしてRoland A-300PROというのを使っていたのですが、やはり机の上に置いて使うにはそれなりに大きくて使いづらいということもあり、最近はKORG microKEY-25というのを購入、使用していました。

このKORG microKEY-25というのは電源不要*1Lightning - USBカメラアダプタを介してiPad/iPhoneと直結可能、しかも小ぶりで持ち運びやすいというのもあり、バンド練習なんかの時はこれとスタジオで借用したキーボードをあわせて2台使うなんてこともできたりとなかなかに便利。ただやはり作りが…という点や、鍵盤自体が小さくて押さえにくいという問題点もあったり…

ということで個人的に良タッチと思っているA-300PROをiPadと接続できないか?ということで色々調べた結果、設定次第で直結できそうなことがわかったので、備忘録がてらブログに。*2

  1. A-300PRO取扱説明書のP.65に記載されている要領でADVANCED DRIVER MODEをOFFにする。
  2. iPadとA-300PROを接続する。
  3. A-300PROの電源OFF/ONを実施する。

どうもA-300PROの電源OFF/ONをしてやらないとADVANCED DRIVER MODEが切り替わらないようです。ともかくこの手順を実施することで、A-300PROの鍵盤を弾くとiPadから音が出るように。ここまで来るのになかなか手間がかかりましたが、もしかして世間では当たり前?一応下記のサイトを参考に設定を探しました。

Roland ローランド MIDIキーボードコントローラー A-300PRO-R 32鍵

Roland ローランド MIDIキーボードコントローラー A-300PRO-R 32鍵

KORG USB MIDIキーボード microKEY-25 マイクロキー 25鍵

KORG USB MIDIキーボード microKEY-25 マイクロキー 25鍵

アップル Lightning - USBカメラアダプタ MD821ZM/A

アップル Lightning - USBカメラアダプタ MD821ZM/A

*1:しっかりUSBバスパワー動作する。

*2:もともとオーディオインターフェースなどについているMIDI-INポートへA-300PROをつないでやればiPadから音を出せることは確認していたんですが、これだとやはりオーディオインターフェースを用意しなきゃってことで利便性が下がってしまうのです。